【特集】実は痩せない原因になっているかも?ダイエット食品と勘違いしがちな商品5選

その他

皆さんこんにちは。

皆さんはダイエット食品と言えば何を思い浮かべるでしょうか?

・サラダチキン

・プロテイン

・オートミールetc…

世の中にはダイエット食品として販売されている商品は数えきれないほどありますよね。

しかし、そういった商品の中には実は脂質が高く、ダイエットに向いていないものが隠れていることもあります。

(本ブログは基本的にはローファットダイエットを推奨しています)

今回はそういった食品を紹介して、皆さんのダイエットの手助けになればなと思います。

また、今回紹介する商品もシチュエーションによっては全く問題ないものもあります。

外出中に食品を買う時は栄養成分をしっかり見て、ご自身に必要な栄養が含まれているか確認しましょう!

それでは早速紹介していきます!

 

目次

カロリーメイト

まず紹介するのはカロリーメイトです。

何となく健康的なイメージがあるこちらの商品。

実際、「点滴の代わりになる栄養食」をモットーに6年の歳月をかけて商品が作られた背景があります。

5大栄養素をまとめて摂取できるという点がセールスポイントになっています。

手軽に食べられ、1本あたりのカロリーが100kcalぴったりなのも魅力的なポイントです。

受験シーズンにはこの商品を思い出す方も多いのではないでしょうか。

ただし、こちらの商品ダイエットという観点から見るとかなり不向きです。

以下がカロリーメイト(チョコレート味4本入り)のPFCバランスです。

 

P(たんぱく質):8.7g
F(脂質):22.4g
C(炭水化物):41.7g

 

炭水化物が多いことは何となく想像できましたが、脂質20g超は意外だったのではないでしょうか?

もちろん、3大栄養素以外にも体に必要なビタミンなどもしっかり入っています。

しかし、ダイエット中に食べるには脂質が多すぎるため、オススメはできません。

もし勉強中や仕事中にエネルギー切れを感じる場合は、ラムネを代わりに食べましょう。

不必要な脂質を摂取することなく、安価でエネルギーを補給することができます。

 

トルティーヤ

2つ目に紹介するのはトルティーヤです。

コンビニで販売されている商品を買ったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

野菜がぎっしりと敷き詰められており、何となく健康に良さそうなトルティーヤ。

野菜を食べることはとても大切なことですが、コンビニで販売されているトルティーヤは高脂質なものが多いです。

実際にファミリーマートで販売されいてる「根菜チキンのサラダラップ」を例に挙げてみましょう。

見るからに健康に良さそうなこちらな商品のカロリー・PFCバランスは以下の通りです。

 

カロリー:291kcal
P(たんぱく質):6.6g

F(脂質):18.9g
C(炭水化物):24.9g

 

商品名にチキンと入っている割にはたんぱく質が少なく、一方で脂質は20g近く入っています。

これはトラップと言わざるを得ないですね、、、。

恐らく脂質が高くなっている原因はマヨネーズだと思います。

他に販売されているトルティーヤも低たんぱく・高脂質の多かったです。

手軽に食べられるという魅力はありますが、購入する際は1日の栄養成分を考慮して買いましょう。

 

ナッツ類

3つ目に紹介するのはナッツ類です。

皆さんも健康食品として芸能人がナッツを紹介しているところを見たことがあると思います。

実際にダイエット食品としてナッツ類はとても優秀です。

アボカド青魚などと同じように良質な脂質を摂取することができます。

 

ただし、ナッツ類にはがあります。

それは「適切な量を食べることができない可能性がある」という事です。

皆さんもナッツが健康食品だと知って、コンビニやスーパーで買ったことがあると思います。

その際、ちゃんと適切な量を食べることができましたか?

テレビやYoutubeを観ていて、気付いたら全部平らげていたなんてことはありませんか?

そもそもご自身にとっての適切な量を調べましたか?

健康食品だからと言って大量に食べれば食べるほど良いというものではありません。

もし、ご自身で食欲を抑えることができなさそうであれば、ナッツ類はおすすめできません。

 

コンビニサラダ

4つ目はコンビニサラダです。

「え?サラダはさすがに大丈夫でしょ?」

と思われた皆さん。

大丈夫です。しっかりと栄養成分を確認すればサラダは問題なく食べることができます。

しかし、ごく稀にマヨネーズタルタルソースを使用しているが故に、脂質がとんでもないことになっている商品もあります。

 

では、実際にローソン「1食分の野菜が摂れる パリパリ麺のサラダ」を例に出してみましょう。

一見ヘルシーに見えるこちらの商品のPFCバランスは以下の通りです。

 

カロリー:367kcal
P(たんぱく質):8.8g

F(脂質):20.3g
C(炭水化物):39.6g

 

サラダとは謳いながらも、揚げ麺を使用しているために脂質が20gを超えています。

ちなみに脂質20gはカルビーのポテトチップスうすしお味60g入りに匹敵します

サラダという名前だけでヘルシーだと勘違いすると、痛い目を見る可能性があります。

どんな商品であっても、必ず栄養成分は確認しましょう。

 

サンドイッチ

5つ目に紹介するのはサンドイッチです。

何となく、手軽に食べられて、弁当ほど高くないからダイエット中に食べても大丈夫そうに見えますよね。

中には、脂質が抑えられた素晴らしい商品があるのも事実です。

しかし、サンドイッチの製造上、マヨネーズを使用せざるを得ないことが多いです。

その結果、脂質が高くなっていることがあります。

上に載せた写真はファミリーマート「たまごサンド」ですが、カロリー・PFCバランスは以下の通りです。

 

カロリー:414kcal
P(たんぱく質):10.0g

F(脂質):31.7g
C(炭水化物):22.9g

 

脂質は衝撃の30g超えです。

まさかこんなに脂質が入っているとは思いませんよね。

それがサンドイッチの罠です。

他の商品も20g前後のものが多いので、注意して購入しましょう!

 

まとめ

以上がダイエット食品と勘違いしがちな商品5選になります。

意外なものが多かったのではないでしょうか?

何となくのイメージで商品を買っていると、実はカロリー過多になってしまっている場合が結構あります。

基本的にはどの商品にもカロリーとPFCバランスは記載されているので、必ず確認する癖をつけましょう!

皆さんのダイエットが成功しますように!!

タイトルとURLをコピーしました